ページトップへ

奈良・大阪・兵庫・京都 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業 | 屋根リフォーム成功の鍵 どんな会社が良い会社なの?その1

屋根リフォーム成功の鍵5.どんな会社が良い会社なの その1

  • 1悪徳業者にご用心
  • 4雨漏り対策の適正価格
  • 2かえって悪化した実例
  • 5どんな会社が良い会社なの?その1
  • 3知って得する専門知識
  • 6どんな会社が良い会社なの?その2

手抜きはなぜ起るの?

適正価格でしっかりと工事を行い、アフターメンテナンスも万全。お客様にとっては、もちろんそんな会社が良い会社に決まっています。私たちの業界もまた技術者の集まりですから、誇りを持っていい仕事をして、それに見合うだけの料金をいただけるのが、本来の望みなのです。

それなのになぜ、世の中から手抜き工事や悪徳リフォームという言葉が無くならないのでしょうか。その原因の一つに、下請けや孫請けが多いというこの業界のシステムがあります。

元請け→下請け→孫請け

たとえばAさんが屋根の葺き替えを、家を建ててくれたハウスメーカーに依頼したとします。そのハウスメーカーが取引のある工務店に発注し、工務店が森建築板金工業のような屋根専門店に発注したとしましょう。そうすると屋根専門店は孫請けということになります。
この場合、元請であるハウスメーカーも、下請けである工務店も、手数料という名目で何がしかの利益を取ります。それぞれ1割の手数料を取ったとすれば、残りの8割が屋根専門店の手に渡ります。
屋根専門店はそのお金で施工費用を賄った上に、何がしかの利益を上げなくてはなりません。仮にAさんが100万円支払ったとしても、孫請けに行った時点で80万円の仕事になってしまっているわけです。
これが悪徳リフォーム業者になると、手数料などというようなものではなく、半分以上を懐に入れ、残りを施工店に渡すところもあると聞きます。これでは身銭を切る以外に、施工店がきちんとした仕事をする方法はありません。このような悪徳業者にひっかかれば、お客様はもちろん、施工業者も職人も、誰もが不幸になってしまいます。

孫請けシステム 受注の流れ例

職人による直接施工という選択

上記のような理由から、これまで下請け・孫請けに甘んじることの多かった屋根専門店や塗装店が、最近になってお客様からの直接受注をめざし始めました。
技術力と施工能力を持つ会社が、直接お客様のご相談に乗り、見積りさせていただくことで、中間マージンが不要となり、良いものを安価にご提供することが可能になるからです。
施工会社自身も、お客様に対して胸が張れる仕事ができる上に、適正な利益が見込めます。そういう会社は職人肌で、技術には自信はあっても営業が苦手、というところも多いのですが、誠意を持ってお客様にぶつかっていこうと頑張っています。
森建築板金工業もそんな会社の一つ。職人としてのプライドを持ち、地域の皆様に喜ばれる仕事をしていきたいと願う技術者の集団です。
地域に根を下ろした、直接施工の屋根専門店をぜひ探してみてください。
技術者としての誇りを大切にしている会社であれば、絶対にベストを尽くすはずですから。

職人による直接施工という選択
屋根リフォーム成功の鍵
  • 1悪徳業者にご用心
  • 4雨漏り対策の適正価格
  • 2かえって悪化した実例
  • 5どんな会社が良い会社なの?その1
  • 3知って得する専門知識
  • 6どんな会社が良い会社なの?その2