ページトップへ

奈良・大阪・兵庫・京都 屋根リフォーム 雨漏り 森建築板金工業 | お客様の声

お客様の感想

お客様インタビュー | お客様インタビュー

さすが雨漏り専門!意外な組み合わせプランで予算をクリア!

斑鳩町 竹野さま

お客様インタビュー


生駒郡 竹野さま
さすが 雨漏り専門!
意外な組み合わせプランで予算をクリア!

主な工事内容

金属サイディングカバー工事
外壁塗装 
屋根葺き替え工事

築20年の一戸建てにご家族でお住いの竹野様は、5年前に結露と雨漏りに対処する工事を依頼され、予算重視というポイントで最善のプランを選ばれ工事が行われました。その経緯について詳しくお話を伺いました。

沢山ある業者の中から森建築板金工業を選んだ理由とは・・・

雨漏りや結露に気付いたきっかけは何ですか?

台風の後、壁に少しシミが出来て、最初は雨漏りかと思ったのですが、窓の結露がすごかったんで、雨漏りなのか結露がヒド過ぎるのか、ちょっとわからなかったんです。 それに、結露の水がサッシのレールから溢れるくらいヒドくなってきて、特に雨の後が多かったので、「これは雨漏りが伝ってきてるのかな?」とも思いました。だから「雨漏りを直せば結露もある程度は収まるのでは?」と思っていました。

 
「壁や柱に出来たシミで雨漏りと壁の中の結露に気が付きました」と竹野様

森建築板金工業をどのようにして知りましたか?

インターネットで修理の業者さんを調べてみたんです。いろんなキーワードで検索しましたが、いつも森板金さんが一番にヒットして出てきました。「119番」っていう言葉も気になりましたので、森板金さんのホームページに入ってみました。 すると、他の会社は「いかにも!(笑)」っていう社長さんが映ってたり、その人が修理してくれるのかがわからなかったけれど、森板金さんは社長さんも気さくな感じだから「なんだか良さそう~」と言う感じで連絡させてもらったんです。
  


「電話がニガテな私でも、しゃべりやすかったです」

電話で問い合わせた際、スタッフの対応はいかがでしたか?

電話をかけると、女性が出て下さったんですが、マニュアル通りの対応ではなく、すごく素朴な対応だったのが良かったんです。電話がニガテな私のつたない説明も「…ということは、こういう感じですか?」って一生懸命聞いてくださるのでしゃべりやすかったです。

大手さんに電話した時のようなマニュアル通りに「わかりました、では担当の者が伺わせていただきます」ってタンタンタンタンって言われると私、すぐ負けてしまう方なんです。

「たいそうな所にかかったら嫌だな」と思ってたんですけど、そういう事もなく「じゃあ、一度連絡させて貰います」という感じで、私に寄り添ってくれるような対応が良かったです。


事務所の女性スタッフ「気軽に相談してくださいね、真心込めて対応させていただきます!」

建物の知識が無い私にもわかりやすい説明が良かった!

現状調査の結果は予想していた通りでしたか?

まず、森社長が家に来て下さってわかりやすく説明してくれました。雨漏りだけだと思ってたんですが、実際に屋根にのぼったりして調べて貰ったら他にも傷んでいるところがあって、屋根は「どこがこういう状態で」と凄くこと細かく診断をしてから説明を受けました。

「そこまでひどいの?」と思いましたけど「今はこういう状態で、数年先はこんな状態で、放っておくとこういう状態になる」っていう経過をきちんと説明して下さいました。

 

壁のシミの原因は、単純な雨漏りだと思っていたのですが、調査の結果壁に亀裂が入っていて雨が侵入して来る事に加えて、壁の結露が発生していて結露と雨漏りとのダブルの原因だと報告してくれました。
思い当たるのが阪神淡路大震災の時、西側の壁の外側に亀裂が入ったんです。その時の影響かなと思いました。


さすが専門業者さん「リーズナブルな値段」と「特化した値段」の見積もりが良心的!

提案されたプランや金額に納得はいきましたか?

結露はもう仕方がないものだと思っていたのですが、森板金さんが提案してくれたのが「金属サイディングという断熱材付きのボードを外壁の上から貼り、間に通気層を設けるので壁の結露対策になる」という方法だったんです。

  
既存の壁に、 木の桟で通気層を設け、断熱材付きの金属サイディングを貼ります。
壁の結露対策と同時に強度も増します。

でも、単純な雨漏りと思っていたので予算をかなりオーバーしてそうで気になっていました。やはり、見積り額を見た時は「高いっ!」と思いました。でも、屋根も壁も、ってなると「これぐらいはかかってくるのかなぁ」と徐々にわかるんですけど、見た瞬間「はぁ、やっぱりそれぐらいはかかるんだ」って思いました。

何パターンか見積りを出していただいて「リーズナブルな値段」と「特化した値段」を持って来て下さったので、その中から決めてゆきました。

今回は予算がポイントでしたので、本当は一番やりたい「金属サイディングカバー工事」は金額的に無理だろうと思っていましたが、そこはさすが専門知識を持っておられるので意外なアイデアを提案してくれました。 それは、「一番気になる西側の一面だけは金属サイディングを貼り。他の三面は塗装だけ」というアドバイスだったのです。

教えて、森社長!今回のポイント①一面だけ金属サイディングを貼る
  最初、お話を伺った時「家の中がとても寒い」って仰ってたのが気になっていました。 金属サイディングを貼ることによって雨漏り対策はもちろん、寒さも防げます。快適性は重要ですし、結露対策だけでなく断熱効果も増しますので、このお宅には外せないポイントだと思いました。 予算内で、どのプランを選ぶか悩まれていたので、西側一面だけ金属サイディングにしたとしても見た目が余り気になる程ではなかったので提案させていただきました。

西側のヒビは、もし塗装だけで雨漏りがおさまっても10年とか先にまたヒビが…という可能性があるそうなので西側だけは、金属サイディングを貼って万全にしておこうと思いました。

教えて、森社長!今回のポイント②金属サイディングの利点
  西側の壁に大きなヒビが入っていた事もあり、塗装しただけでは、地震などでまたヒビが入る可能性があります。

例えると、一回折れたものは弱くなり折れやすいですよね。壁も一回ヒビが入ったら弱くなります。既存の壁に金属サイディングを貼る事で強化する働きがあります。

ほんとはね、全面この金属サイディングでカバー出来たら見た目にも綺麗なんですけど、予算の関係で厳しかったんです。そしたら「弱ってる壁で雨漏りと結露のキツイ西側一面だけ金属サイディングにされたらどうですか」って提案して下さって「それだったら予算内だし、安心もあるし良いかな」って思いました。

そういう組み合わせが出来る事を提案してくれるのは「さすが、専門業者さん!」と思ったし「良心的だな」と思いました。

予算の範囲内での対応と、決断を急がされないのが良かった!

何パターンかある見積りとプランの中からどのように決めましたか?


「今するんだったら、このプランです。そうじゃなかったら、こうです」っていうのを全部説明していただいたので「じゃあ今、すべてお願いしよう」と思いました。

それに、普通だったら「どうされますか?」とか「その後どうですか?」ってジャンジャンとセールスみたいな電話入ると思うんですが、それが一切なくて「このまま放っておいてもいいのかな?」って思うくらい何にも言ってこられなかったので、おかげで家族でじっくりと考えることが出来ました。

屋根は想定外だったのでお金はかかるけれど「親身になって言って下さるし、それだったら幾つかあるプランの中のこれをお願いしようかな」という結論に至ってから初めて「こないだ見積もり貰った分をお願いしたいんです」って連絡させて貰いました。だから、1ヶ月くらい考えてお返事したと思います。

森建築板金工業で工事をしよう、と決めたポイントはどんな所ですか?

フィーリングです(笑)。実は私、建物のどこにいくらかかるのか、何がどれだけかかるのか、全く何もわからない状態だったんです。

インターネットで調べてもピンキリ状態で、最後に出てくるのが「いろんな業者の見積もりを取りましょう」とよく書かれているのだけれど、もし、見積りを取っても「そもそも、基準がわからないんですけど~!」ていう感じだったんです。

だから最初は2~3社見積りを取る予定だったんですけど私にもわかる説明をしてくれたので「もう、他の会社に電話しなくても良いかな、森板金さんにお願いしよう!」というフィーリングで決めました。「良い会社だなぁ、」という直感が当たっていたって事ですね。

教えて、森社長!今回のポイント今回のポイント③ 森板金の見積り書とは?
  当社では、絶対必要な修理は優先して、いろいろなメニューをご提案します。見積もりは3~4プラン出すように心がけ、「重要な部分はこれですよ、これだけは絶対にしないと工事の意味が無いですよだから重要な部分の工事を必ず入れた上で「予算重視」「修理後の効果に特化したパターン」など、豊富なバリエーションでご提案させて頂いています。


「気が利く会社だなぁと思いました」

工事が始まり、留守中の作業やご近所への配慮など心配な事はありましたか?

私は、仕事をしていて昼間はほとんどいないのですが、隣近所の方から「竹野さん、今度工事するの?このあいだお花持って挨拶来てくれはったよ」って私より先に挨拶に行っていただいたので気が利くなぁと思いました。

工事中の進み具合は担当の中村さんが報告をしてくれました。普段家を空けている私に、顔を合わす度に「今、ここをこんな風に作業しています。今度、あそこを塗装していきますね」「今日は、こういう所を作業して行きますね」と丁寧に報告を下さったので安心でした。

それと、マナーが良いですね。冬休みで家に居てた息子が「いつも来られたらまず挨拶してくださるし、帰る時も挨拶してくださる」ってよく言ってました。仕事もすごく丁寧な感じで、見るたびに「綺麗に仕上がってゆくなぁ」と感心してましたし、その日の仕事が終わると片付けもキチンとして帰っていただいてまして「汚いな」なんて思うことは一度もなかったですね。

「今年は寒く無いなぁ」と効果がテキメンでびっくりしました。

工事が終わって住み心地など変化はありましたか?

家の中があったかくなったのを実感しています。春・夏・秋は、ほとんど感じなかったんですけど、工事一年後の冬に「あれ?今年なんかあったかくない?」という話になったんです。

2階の西側の壁際に子供がベッドを置いているのですが「今年は寒くない」と言うんです。壁から隙間風みたいなのを感じる事がよくあって、それをいつも言ってました。

ところが「そういえば隙間風が無いな~」と言うし、1階でも「あれ?そう言えば、あんまりそっちから冷気が来ないね」とか「いつも障子を開けたら、結露がすごかったのに、結露も少ないみたい」って。効果テキメンで、気付いた時は本当にびっくりしました。

森板金さんは住まいに関して何でも相談できる我が家の工務店さんです。

その後、森建築板金工業に何か依頼されましたか?

ガレージの門の修理、物置の交換、トイレとお風呂のドアノブ、台所の蛇口の交換とか、我が家の工務店さんになっていただいて重宝しています。

そういう事も依頼出来るのはご存知だったのですか?

外壁と屋根の工事が終わった時に「家のこと、また何かあったらいつでも言って下さいね」って言って下さってたんです。

でも、日頃はそんな事すっかり忘れてました。そんな時に一年点検で森板金さんがいらしたので「そういえば、家の諸々のこともお願いもできるんですか?」ってお聞きしたら「はい、させて貰います」って言ってくれたので、いろんな修理をお願いしたんです。

だから、あの点検が無かったら別の業者さんに頼んでたか、別の方法を探していたと思います。「家の事なら何でも、と言ってくれてても屋根の会社だからなぁ」で終わってたかも知れないですね。

アフターフォローでとても親身にしてくれるので、そういう面でも我が家にとっては有難いんです。だから、いつも来てくれたら「他にも何か困っている事なかったかな?」って考えてしまうんですよ(笑)

もし「それは専門外です」っていう事があったとしても、その時にはどこか信頼できる業者さんを紹介して貰えるだろうっていう安心感がありますので、家のことはまず、森板金さんに連絡させていただいてます。

では最後に、森建築板金工業の良い所はどんな事ですか?

「良いところ?…って言うか、全部良いですよ!」仕事は丁寧で、きちんと説明してくれるし「他の会社で考えている人には、一回候補に入れてぜひ見積りを取ってください」って、 私はまず一番に薦めたいって思う会社ですね。あっ、他を知らないですけど(笑)

見積りも、大体これぐらいでって予算を伝えるとその範囲内できちんとしてくださったし、決断を急がされる事もありませんでしたので、友達にも「私がお願いした所、良い業者さんよ。もし、工事するのだったら言ってね」って言ってるんです。自分が良かったと思える会社を薦めたいですからね。

単に仕事をやってくれる所は他にあっても、そうやって薦めたいと思える人・会社ってなかなか出会えませんからね。薦めたいと思えるところに出会えたことが、やっぱり嬉しいです。


竹野様を囲み、森社長(左)・中村診断士(右)とでハイチーズ!
竹野さま、本日は貴重なお話をありがとうございました。

※ 取材日時 2015年2月23日
※ 取材制作:星野純子